とっても楽な鍋物や煮込、でも不思議と夏は作る気がしない

寒い季節になったので、鍋物や煮込料理をよく作ります。
材料を切って鍋に入れて、あとは煮込むだけなのでとっても楽に作れるんです。
野菜たっぷり、肉や魚を入れれば、栄養バランスもバッチリ。
材料が足りないときは、缶詰や大豆の水煮パックなんか入れても、なんでもできちゃうのが煮込料理です。
そんな簡単に栄養バランスの整った食事が作れるのに、不思議と夏は全然作る気しないんですよね。
単に熱くて火を使う料理がしたくない・・・というだけではないと思います。
例えば、夏野菜はあまり火を通さない方が美味しいものが多いとか。
食感も、夏はクタクタに煮たものより、シャキシャキさっぱりしたものを食べたいとか。
まあそういうのが重なって、煮込料理は食べたくないのでしょう。
スープとか作ってみてもイマイチ食欲がわきませんしね。
辛いモノが好きな人は、夏でも熱々の激辛料理を食べますが、私はそんな辛いの好きじゃないから食べませんし。
鍋物や煮込料理が美味しくて作る意欲がわく冬場のうちに、野菜たっぷり食べて体の調子も整えたいです。鼻下 ヒゲ 脱毛