在宅ワーカーは仕事に集中しにくいのがデメリット

私は在宅で仕事をしていますが、昼間はどうしても集中力が欠けてしまいます。
どのような環境でも集中できるようになりたいものですが、そのためにはまだまだ修行が必要なのかもしれません。

電話や訪問者は午前9時から午後3時くらいまではほとんどですが、中にはそれ以外の時間にやってくる場合もあります。
また、夕方以降は夕食の準備などで家事が優先されてしまいます。

家事が終わった夜は家事疲れでしばらく動けないので、夜間に仕事をする場合はしばらく休んでから取りかかることになります。
結局、仕事で集中できる時間は夜間から早朝までの時間になってしまいます。

朝は遅くとも午前9時までの仕事は集中してできるような気がします。
外が騒がしくても耳栓をすればかなり集中できるようになります。

在宅ワーカーは時間管理が難しいと思います。
会社に行けば、同じ目的の人ばかりなので、人の仕事を邪魔する人はいません。

中にはそのような人もいるかもしれませんが、昼間家族が居る中で仕事をしていくのとは違う環境ですし、やりやすいような気がします。
借金 相談 川崎