自分で甘さを調節した金時豆の甘煮を作ってみた

私は金時豆の甘煮の大ファンです。
いつもスーパーで金時豆の甘煮を購入して、お弁当にも毎日入れていました。
そんな折、職場の先輩がそんなに金時豆が好きなら自分で煮たらいいじゃないと助言してくれました。
確かに、乾燥している金時豆を買って、自分で煮たらたくさん安く食べることができると嬉しくなりました。
早速、金時豆を購入しました。
レシピ通り、250グラムの金時豆を煮てみたら、鍋いっぱいに金時豆の甘煮ができました。
作り方も非常に簡単でした。
豆を洗って、水に浸して、一晩してから煮るだけです。
そこにお砂糖と塩を後ほど加えるだけという超シンプルな作り方です。
お砂糖は250グラムの金時豆に対して、200グラム入れるとレシピに書いてあったのですが、お砂糖は100グラムでも結構な量でした。
それなので、勝手に、100グラムにして、ほんのり、甘い金時豆にしようと思い、作ってみました。
100グラムのお砂糖でも十分に甘い金時豆の甘煮ができました。
自分で作ると一切保存料なども入っていないので、健康にもいいと思います。
甘さ控えめにもできますし、ダイエットにもいいですよね。
もっと早く、自分で金時豆の甘煮を作ればよかったなあと思いました。お金を借りる 一週間