いろんいろな働き方から考えられる、コミュニケーション手段。

今から25年ぐらい前、ポケベルが流行し、その後、携帯電話の普及からスマートフォンへと、あれよあれよ、便利になり、コミュニケーション手段が変化していきました。
なんとなく、「在宅」からイメージする事って「内職」と考えてしまいますが、今、テレワークの働き方の導入が進んでいるようです。
確かに、子供が熱をだしたから、警報で学校が休校、なんて急な対応が必要なとき、場所を選ばない、テレワークなら主婦の見方です。
実際、テレワークを導入している企業の生産性が上昇していることも事実であるようです。
でも、なんとなく「効率」だけ重視しているようでなりません。
実際、会社で導入しているのなら、毎日の通勤電車から解放され、緊急な用事にも対応できるので、有難い事なのですが、机を向かい合っているからこそ、良いアイディアも出てくる気がします。
そして、なりよりコミュニケーション手段が、PCの活字だけになってきているようで、やっぱり、年代が違う人同士が、顔と顔を見て「話す」事も大事な気がします。
今後は、もっといろんな働き方もでてくると思うので、企業も「暖かいコミュニケーションの手段」を考えて欲しいと思います。鼻下 脱毛 女性