とっても楽な鍋物や煮込、でも不思議と夏は作る気がしない

寒い季節になったので、鍋物や煮込料理をよく作ります。
材料を切って鍋に入れて、あとは煮込むだけなのでとっても楽に作れるんです。
野菜たっぷり、肉や魚を入れれば、栄養バランスもバッチリ。
材料が足りないときは、缶詰や大豆の水煮パックなんか入れても、なんでもできちゃうのが煮込料理です。
そんな簡単に栄養バランスの整った食事が作れるのに、不思議と夏は全然作る気しないんですよね。
単に熱くて火を使う料理がしたくない・・・というだけではないと思います。
例えば、夏野菜はあまり火を通さない方が美味しいものが多いとか。
食感も、夏はクタクタに煮たものより、シャキシャキさっぱりしたものを食べたいとか。
まあそういうのが重なって、煮込料理は食べたくないのでしょう。
スープとか作ってみてもイマイチ食欲がわきませんしね。
辛いモノが好きな人は、夏でも熱々の激辛料理を食べますが、私はそんな辛いの好きじゃないから食べませんし。
鍋物や煮込料理が美味しくて作る意欲がわく冬場のうちに、野菜たっぷり食べて体の調子も整えたいです。鼻下 ヒゲ 脱毛

なんて元気なんだ…若いっていいなと思ってしまう

5歳の息子は咳が酷く熱も39度あったので幼稚園を休ませ、病院に行き薬をもらって自宅で寝かせていました。熱が高いので本人もげっそりしていて食欲もなく、日頃全く寝ない息子もさすがに今回はずっと寝ていました。これほど熱が高いと、翌日も幼稚園はお休みだなと思い夕方のうちに担任の先生に電話し、翌日もお休みすると伝えました。夜も39度近くの熱が続き咳もゴホゴホしていたので大型連休も自宅でみんなでゆっくりしないとと思っていました。夜はぐっすり眠り、朝起きた息子はすっきりした表情で朝の挨拶をしてきました。体温計で体温を測ると熱は36.8度に下がっていました。間違いかと思い測り直しても体温は変わらず。本人も喉痛くないし咳もとまったし全然しんどくないと言いました。まさか一日で39度の熱を下げて咳を止めるとは、大人では考えられないことですし、若いっていいなとつくづく感じました。息子にもらったわたしの風邪は薬を飲んでも1週間近くかかっています。http://www.intraligi.net/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E9%87%91%E5%88%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F.php